Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで閲覧者にウイルス感染のおそれ - ハイパー社会ネットワーク研究所

情報ネットワーク社会に関する研究活動を行っている財団法人ハイパー社会ネットワーク研究所のサイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があったことがわかった。

同財団によれば、7月14日5時40分ごろに改ざんが発生したもので、16日11時40分にサイトを閉鎖した。20日の時点で、トップページを含む一部ページが復旧しており、ほかのページに関しても順次復旧する予定としている。

同研究所では、期間中にサイトを閲覧した利用者に対し、ウイルスチェックなどを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性