Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1カ月後に迫る「Windows XP SP2」と「Windows 2000」のサポート終了

「Windows XP SP2」や「Windows 2000」のサポート終了時期が、約1カ月後と目の前に迫っている。従来より注意喚起を実施してきたマイクロソフトでは、影響を受けるユーザーへOS環境の移行を引き続き呼びかけている。

いずれのOSもサポート終了日は米国時間7月13日。同日を最後に翌日以降は脆弱性が発見された場合も、セキュリティ更新プログラムは提供されなくなる。

利用者の多い「Windows XP」については、2009年にメインストリームサポートをすでに終了している。現在は延長サポート期間となっており、最新のサービスパック「Windows XP SP3」へアップデートすることで、2014年までサポートを受けることができる。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
「CentOS 8」利用者向けに独自のサポートサービス - サイバートラスト
最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム