Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1カ月後に迫る「Windows XP SP2」と「Windows 2000」のサポート終了

「Windows XP SP2」や「Windows 2000」のサポート終了時期が、約1カ月後と目の前に迫っている。従来より注意喚起を実施してきたマイクロソフトでは、影響を受けるユーザーへOS環境の移行を引き続き呼びかけている。

いずれのOSもサポート終了日は米国時間7月13日。同日を最後に翌日以降は脆弱性が発見された場合も、セキュリティ更新プログラムは提供されなくなる。

利用者の多い「Windows XP」については、2009年にメインストリームサポートをすでに終了している。現在は延長サポート期間となっており、最新のサービスパック「Windows XP SP3」へアップデートすることで、2014年までサポートを受けることができる。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
「UNIVERGE」シリーズの「IP-PBX」製品に脆弱性
ハムなど扱う食品サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生