Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解消した「Firefox 3.5.9」「同3.0.19」が公開

Mozillaは、複数の脆弱性を解消した「Firefox 3.5.9」と「同3.0.19」を公開した。

「Firefox 3.5.9」では、重要度が4段階中最高とされる脆弱性が5件、4段階中もっとも下の「低」が3件のあわせて8件、一方「同.0.19」では重要度「最高」の脆弱性5件と「高」1件を解消した。

いずれも重要度が「最高」と設定されているメモリ破壊によるクラッシュや、URLのドラッグ&ドロップにより特権昇格が生じる脆弱性などへ対応。また今回のアップデートでは、脆弱性対策にくわえ、安定性の向上がはかられたという。

(Security NEXT - 2010/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も