Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BSPとNSTが連携、収集した複数システムのログマッチングが可能に

ビーエスピーとニューシステムテクノロジーはセキュリティ分野で提携し、ログ管理ツールとデータベース監査ツールを連携させたIT統制ソリューションを提供する。

両社は今回の協業を通じて、BSPが提供する統合ログ管理ツール「Loganizer」と、NSTが提供するデータベース監査ツール「Chakra」の連携が実現した。

「Chakra」が収集したデータベースへのアクセスログと「Loganizer」が収集したハードウェア、アプリケーション、ネットワーク機器など各システムのアクセスログとのマッチング処理が可能になったほか、「Loganizer」の標準テンプレートに、「Chakra」専用レポートを搭載した。

(Security NEXT - 2010/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント