Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遠鉄百貨店サイト、12月に発生した改ざんを公表 - 浜松市情報サイトも被害

遠鉄百貨店は、同店のサイトや浜松市の情報提供サイト「浜松まちなか情報サイトUP-ON」が改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があったことを明らかにした。

改ざんが判明したのは、同社サイトをはじめ、同社が運営する駅ビル「UP-ON」の紹介や浜松市の情報を提供するサイト「浜松まちなか情報サイトUP-ON」の一部ページ。

改ざんは2009年12月15日に発生し、百貨店サイトは同月24日まで公開されていた。一方「UP-ON」サイトは同月28日まで改ざんされた状態が続いたという。

原因は「Gumblar」亜種で、期間中に改ざんされたページを閲覧した場合、ウイルスに感染する可能性があった。同社は感染の確認方法やウイルスの駆除方法を案内して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス