Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォレンジック製品の紹介サイトが改ざん被害 - オーク情報システム

オーク情報システムは、同社製品「NetEvidence」の商品サイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があったことを明らかにした。

改ざんされていたのは、同社が提供するネットワークフォレンジックサーバ「NetEvidence」の製品紹介サイト。「Gumblar」による改ざんが1月14日23時に発生し、改ざんが判明しサイトを停止した19日18時までの間にアクセスした場合、ウイルスに感染した可能性がある。

その後、サイトの修復およびセキュリティ強化策を実施し、27日17時に再開した。同社では改ざん期間中に閲覧した利用者に対しウイルスチェックを行うよう呼びかけている。

今回改ざんされたサイトは外部サーバで運営されており、別のサーバで管理されている同社のコーポレートサイトについては影響はないとしている。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性