Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトなど運営する3サイトで改ざんが発生 - 岐阜の自動車整備会社

自動車整備業や通販サイトなどを展開する恵那バッテリー電装は、運営する3サイトが、不正アクセスにより改ざんされたと発表した。閲覧者がウイルスに感染した可能性があるという。

改ざんが判明したのは同社サイトのほか、カーバッテリー通販サイトの「バッテリー110番」、ドライブレコーダーの紹介サイト「セーフティドライブ」など運営する3サイト。ウイルス感染によりサーバのアカウント情報が盗まれ、サイトが改ざんされたという。感染経路はわかっていない。

今回の改ざんにより、2009年12月26日12時40分から2010年1月4日11時の間にアクセスしたユーザーが、ウイルスに感染した可能性がある。サイトはすでに修正を行ったという。

感染した場合、偽セキュリティ対策ソフトが立ち上がり、PC内のデータが破壊されるそおそれもあるとして、同社ではサイトの利用者に対しウイルススキャンを実行するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用