Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログソリューション「LogStare Tetra」と「LanScope Cat6」の連携が可能に

セキュアヴェイルは、統合ログ管理システム「LogStare Tetra」において、エムオーテックスのネットワークセキュリティツール「LanScope Cat6」との連携を実現した。

「LogStare Tetra」は、ネットワーク機器のアクセスログを収集して分析し、レポート作成まで行う統合ログ管理システム。今回の連携により、「LanScope Cat6」が収集したクライアントPCの操作ログを、「LogStare」のログ管理支援ツール「ユニバーサルログパーサ」に取り込むことが可能になった。

これにより、従来のサーバログだけでなくPC操作ログも分析したレポートを作成できる。日付別、ユーザー別、操作別の傾向などをまとめた基本サマリや、リスクのありそうなログを抽出したクローズアップ分析などが提供される。

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド