Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSHやRDPによる暗号通信の操作ログを取得する監査製品 - ディアイティ

ディアイティは、SSHなど暗号化通信を監視し、操作ログを取得できるセキュリティアプライアンス「SSH Tectia Guardian」を10月1日より発売する。

同製品は、フィンランドのSSH Communications Securityが開発したセキュリティ対策製品。SSHやRDPの通信におけるコマンド実行やファイル操作のログを取得、管理でき、保管された操作内容を動画として再生することができる。

またログデータについては暗号化した状態で保存。閲覧や動作設定の変更には2人の責任者の承認が必要となるなどセキュリティへ配慮した。価格は1029万円で、本体と25サーバ接続ライセンスが付属する。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋