Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム監視を実現する「Tripwire PCI DSSファイル整合性対策パック」 - KCCS

京セラコミュニケーションシステムは、システムに対する変更の監視を実現する「Tripwire PCI DSSファイル整合性対策パック」の提供を開始した。

同ソリューションは、PCI DSSの要件となっている「ファイル整合性の監視」へ対応する「Tripwire Enterprise」と、同製品の導入や運用支援をセットで提供するもの。

「Tripwire Enterprise」では、システムに対する変更を監視し、検知や報告を行うことが可能で、さらにPCI DSS専用のポリシーテンプレートが付属。クレジットカード発行会社や加盟店契約会社、加盟店、サービスプロバイダに対し、同社がインストールからギャップ分析、レポートの作成など、PCI DSS対応を支援する。

(Security NEXT - 2009/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス