Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意図的な個人情報流出に対する罰則含んだ法規制を国へ要望 - 神奈川県

神奈川県は、同県授業料徴収システムに関連した個人情報がインターネット上へ流出した問題で、罰則規定も含めた情報セキュリティ関連法の整備を求める要望書を国へ提出した。

県立高校に在籍した生徒約11万人分の個人情報が、業務委託先の従業員からファイル共有ソフト経由で流出。その後データを入手していたと見られる第三者が、「Winny」や「Share」などへ再度流出させるなど被害が拡大した。

同県では1月19日には総務大臣に対し、地方公共団体が保有する個人情報の保護について、法規制に言及しない要望を行ったが、さらに一歩踏み込み、個人情報などを故意にインターネット上に流出させる行為の禁止や、違反者に対する罰則の規定など早急な法整備を内閣府、総務省、法務省、経済産業省に対し求めた。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

部分開示文書で個人情報の墨塗り漏れが判明 - 相模原市
小学校で結核健診問診票を紛失、整理が不十分で - 平塚市
民生委員の改選書類など紛失、誤廃棄の可能性 - 川崎市
新型コロナワクチン接種の一部予診票が所在不明に - 横須賀市
卒業証書の作成委託先で小学校1クラス分の調査票を一時紛失 - 川崎市
障害者の個人情報含むファイルを事業者に誤送信 - 横須賀市
メール誤送信で事業者のメアド流出 - 横須賀市
個人情報含む生徒個人票を紛失 - 神奈川の中高一貫校
高校生徒の個人情報含む修学旅行マニュアルを紛失 - 神奈川県
市立中学校で複数の名簿が所在不明に - 藤沢市