Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意図的な個人情報流出に対する罰則含んだ法規制を国へ要望 - 神奈川県

神奈川県は、同県授業料徴収システムに関連した個人情報がインターネット上へ流出した問題で、罰則規定も含めた情報セキュリティ関連法の整備を求める要望書を国へ提出した。

県立高校に在籍した生徒約11万人分の個人情報が、業務委託先の従業員からファイル共有ソフト経由で流出。その後データを入手していたと見られる第三者が、「Winny」や「Share」などへ再度流出させるなど被害が拡大した。

同県では1月19日には総務大臣に対し、地方公共団体が保有する個人情報の保護について、法規制に言及しない要望を行ったが、さらに一歩踏み込み、個人情報などを故意にインターネット上に流出させる行為の禁止や、違反者に対する罰則の規定など早急な法整備を内閣府、総務省、法務省、経済産業省に対し求めた。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
保育園で園児の画像を含むデジタルカメラを紛失 - 鎌倉市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
小学校で児童の個人情報含むノートを紛失 - 平塚市