Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん被害受けたサイトを約1カ月ぶりに再開 - 日本体育協会

日本体育協会は、改ざん被害により公開を中止していた同協会ウェブサイトの提供を一部再開した。

2008年12月17日に不正アクセスを受け、一部を改ざんされたことから同協会ではウェブサイトの提供を中止。復旧作業を進めていたが、安全性を確認したとして1月21日より提供を再開した。

ただし一部ページについては安全の確認作業が続けられており、閲覧できない状態となっている。

(Security NEXT - 2009/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害