Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん被害受けたサイトを約1カ月ぶりに再開 - 日本体育協会

日本体育協会は、改ざん被害により公開を中止していた同協会ウェブサイトの提供を一部再開した。

2008年12月17日に不正アクセスを受け、一部を改ざんされたことから同協会ではウェブサイトの提供を中止。復旧作業を進めていたが、安全性を確認したとして1月21日より提供を再開した。

ただし一部ページについては安全の確認作業が続けられており、閲覧できない状態となっている。

(Security NEXT - 2009/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
慶大でシステム障害、一部学科で授業開始できず - 不正アクセスか
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性