Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん被害受けたサイトを約1カ月ぶりに再開 - 日本体育協会

日本体育協会は、改ざん被害により公開を中止していた同協会ウェブサイトの提供を一部再開した。

2008年12月17日に不正アクセスを受け、一部を改ざんされたことから同協会ではウェブサイトの提供を中止。復旧作業を進めていたが、安全性を確認したとして1月21日より提供を再開した。

ただし一部ページについては安全の確認作業が続けられており、閲覧できない状態となっている。

(Security NEXT - 2009/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
アイドルコンテストのX公式アカウントが乗っ取り被害
サイトに不正アクセス、テスト環境でPW窃取される - 日水コン
福井県の味噌蔵通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出のおそれ
「UNIZONE EX Match」の来場者写真データが閲覧可能に - JeMO
eモータースポーツ公式アカウントの乗っ取りで個人情報流出の可能性