Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガンホーのゲーム起動用ActiveXに脆弱性 - 最新バージョンで解消

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが、ゲームを起動するために提供している「LoadPrgAx ActiveXコントロール」の旧バージョンに、任意のJavaプログラムが実行される脆弱性が含まれていたことがわかった。

情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターが運営する脆弱性情報ポータル「JVN」によれば、「LoadPrgAx 1,0,0,6」や以前のバージョンに脆弱性が存在し、不正なウェブページを閲覧した場合、PC内部にあるJavaプログラムが実行される可能性があるという。

ガンホーでは、最新版「LoadPrgAx バージョン 1,0,0,7」を11月5日より配布しており、同バージョンを適用することにより、脆弱性を解消することができる。

JVN
http://jvn.jp/

ガンホー・オンライン・エンターテイメント
http://www.gungho.co.jp/

(Security NEXT - 2008/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正