Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

URLからスパム検知するメールサーバ向けオプション - イー・ポスト

イー・ポストは、Windows用メールサーバ「E-Post Mail Serverシリーズ」向けに、スパム対策機能を強化する「E-Postアンチスパムフィルタオプション」を8月25日より提供開始する。

同製品は、エクセスのコンテンツブロッキングサービスを採用したもので、従来より搭載されているサーバのスパム対策機能を強化するオプション製品。

「E-Post Mail Server」や「E-Post SMTP Server」と連携し、メール本文内に記載されたURLをブラックリストと比較、検証することによりスパムメールのチェックを実施することが可能。

利用者によりスパムメールのアドレス登録が行えるほか、個別にホワイトリストへ登録したり、ブラックリストから解除することもできる。価格は9万8000円(50ユーザー)から。

イー・ポスト
http://www.e-postinc.jp/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
職場PCを紛失、虚偽説明した職員を処分 - 香川県
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県