Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

URLからスパム検知するメールサーバ向けオプション - イー・ポスト

イー・ポストは、Windows用メールサーバ「E-Post Mail Serverシリーズ」向けに、スパム対策機能を強化する「E-Postアンチスパムフィルタオプション」を8月25日より提供開始する。

同製品は、エクセスのコンテンツブロッキングサービスを採用したもので、従来より搭載されているサーバのスパム対策機能を強化するオプション製品。

「E-Post Mail Server」や「E-Post SMTP Server」と連携し、メール本文内に記載されたURLをブラックリストと比較、検証することによりスパムメールのチェックを実施することが可能。

利用者によりスパムメールのアドレス登録が行えるほか、個別にホワイトリストへ登録したり、ブラックリストから解除することもできる。価格は9万8000円(50ユーザー)から。

イー・ポスト
http://www.e-postinc.jp/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消