Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

URLからスパム検知するメールサーバ向けオプション - イー・ポスト

イー・ポストは、Windows用メールサーバ「E-Post Mail Serverシリーズ」向けに、スパム対策機能を強化する「E-Postアンチスパムフィルタオプション」を8月25日より提供開始する。

同製品は、エクセスのコンテンツブロッキングサービスを採用したもので、従来より搭載されているサーバのスパム対策機能を強化するオプション製品。

「E-Post Mail Server」や「E-Post SMTP Server」と連携し、メール本文内に記載されたURLをブラックリストと比較、検証することによりスパムメールのチェックを実施することが可能。

利用者によりスパムメールのアドレス登録が行えるほか、個別にホワイトリストへ登録したり、ブラックリストから解除することもできる。価格は9万8000円(50ユーザー)から。

イー・ポスト
http://www.e-postinc.jp/

(Security NEXT - 2008/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開