Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト運営者の氏名やサイト情報などが一部閲覧可能に - アドウェイズ

PCやモバイル向けのアフィリエイトプログラムを提供しているアドウェイズは、同社業務サイトの一部が、インターネット上で外部から閲覧可能な状態にあったことを明らかにした。

同社によれば、2008年6月2日から7月7日までの間、登録サイトの営業支援用画面の一部が、外部から閲覧可能になっていたもので、画面にはサイト運営者の氏名やサイト名、サイトURL、支払い情報などが含まれる。

7月7日に外部からの指摘があり判明。原因は人為的な作業ミスで、調査の結果、外部からの閲覧は5件発生しており、7件の情報が閲覧された可能性があることがわかった。

同社ではシステムを修正して外部からの閲覧を遮断。関係者に連絡して説明と謝罪を行った。流出した情報の悪用は報告されておらず、ネット上から完全に削除されたことを確認したという。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正
申込フォームでセミナー参加者の個人情報が流出 - 愛知県