Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト運営者の氏名やサイト情報などが一部閲覧可能に - アドウェイズ

PCやモバイル向けのアフィリエイトプログラムを提供しているアドウェイズは、同社業務サイトの一部が、インターネット上で外部から閲覧可能な状態にあったことを明らかにした。

同社によれば、2008年6月2日から7月7日までの間、登録サイトの営業支援用画面の一部が、外部から閲覧可能になっていたもので、画面にはサイト運営者の氏名やサイト名、サイトURL、支払い情報などが含まれる。

7月7日に外部からの指摘があり判明。原因は人為的な作業ミスで、調査の結果、外部からの閲覧は5件発生しており、7件の情報が閲覧された可能性があることがわかった。

同社ではシステムを修正して外部からの閲覧を遮断。関係者に連絡して説明と謝罪を行った。流出した情報の悪用は報告されておらず、ネット上から完全に削除されたことを確認したという。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入