Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト運営者の氏名やサイト情報などが一部閲覧可能に - アドウェイズ

PCやモバイル向けのアフィリエイトプログラムを提供しているアドウェイズは、同社業務サイトの一部が、インターネット上で外部から閲覧可能な状態にあったことを明らかにした。

同社によれば、2008年6月2日から7月7日までの間、登録サイトの営業支援用画面の一部が、外部から閲覧可能になっていたもので、画面にはサイト運営者の氏名やサイト名、サイトURL、支払い情報などが含まれる。

7月7日に外部からの指摘があり判明。原因は人為的な作業ミスで、調査の結果、外部からの閲覧は5件発生しており、7件の情報が閲覧された可能性があることがわかった。

同社ではシステムを修正して外部からの閲覧を遮断。関係者に連絡して説明と謝罪を行った。流出した情報の悪用は報告されておらず、ネット上から完全に削除されたことを確認したという。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで