Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsとMacに対応したサーバ不要のログ監視製品 - インテリジェントワークス

インテリジェントワークスは、WindowsとMacの操作ログを記録できる「CWSスモールオフィス」発売する。

同製品は、端末が20台以内の小規模オフィスにおいて、クライアント端末の操作内容を監視、記録できるセキュリティソリューション。ログイン状況やアプリケーションの利用、ファイル操作、アクティブウインドウ、ウェブアクセス、プリントの操作をログに残すことができる。

サーバが不要で、直接管理者のWindows端末にログを集積することが可能。端末はWindows、Macが混在する環境へ対応でき、オフライン時の記録についてもクライアント内に保存、再度接続した際に収集する。さらにデバイス制御機能を搭載しており、USBメモリなどによるデータの持ち出しを制限することが可能。

価格は、10クライアントライセンスが29万8000円。20クライアントライセンスが39万8000円。

080710iw.jpg

(Security NEXT - 2008/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術