Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京急線車内で個人情報入りUSBメモリを盗まれる - 横浜市立高校の教諭

横浜市教育委員会は、市立南高校の教諭が生徒の名簿を保存したUSBメモリを紛失したと発表した。

同校教諭が、5月20日に京急本線車内で置き引きにあったもので、網棚から鞄を盗まれた。下車する上大岡駅で被害に気が付き、警察へ届けたが、生徒の名簿を保存したUSBメモリが鞄に入っていたことに気が付いたのは帰宅後だったという。

紛失したUSBメモリには、氏名や選択クラス、学年、組など107人分の個人情報が保存されていた。また、生徒の氏名が確認できる美術作品の画像が20人分含まれる。

同校では、関連する生徒の家庭へ謝罪。教職員を対象とした研修などを実施する。

(Security NEXT - 2008/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
顧客情報含む書類が盗難、翌日回収 - ケア21
生徒の名簿が入った鞄を紛失 - 練馬区の中学校
顧客情報記載のノートがスーパーで置き引きに - 京阪互助センター
日清食品、採用セミナー出席者の履歴書などが置き引き被害に
教員が置き引き被害、学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市立大
個人情報含むPCが飲食店で置き引き - 起業家支援のNPO法人
出張先のベルギーで個人情報含むPCが置き引き被害 - 広島大