Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット書店「Fujisan」が改ざん被害、閲覧でウイルス感染のおそれ

富士山マガジンサービスは、同社が運営する雑誌専門のオンライン書店「Fujisan.co.jp」が不正アクセスにより改ざんされたと発表した。

同社ウェブサイトの脆弱性に対してSQLインジェクション攻撃が行われ、2008年5月8日8時ごろにウェブサイトの一部が改ざんされたもの。「www.fujisan.co.jp」のほか、「askul.fujisan.co.jp」「shop.fujisan.co.jp」などでも被害が発生し、同社では同日11時時過ぎにウェブサイトを一時閉鎖した。

改ざんされたページは、不正なスクリプトが埋め込まれており、問題の期間にページを閲覧した場合、悪意あるウェブサイトへ誘導され、トロイの木馬「TROJ_ARTIEF.H」に感染するおそれがあった。今回の不正アクセスによる個人情報の漏洩は、確認されていないという。

同社では、改ざんされたページを閲覧した可能性がある利用者に対して、最新の定義ファイルを適用したウイルス対策ソフトにより、ウイルスのスキャンや駆除を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる