Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット書店「Fujisan」が改ざん被害、閲覧でウイルス感染のおそれ

富士山マガジンサービスは、同社が運営する雑誌専門のオンライン書店「Fujisan.co.jp」が不正アクセスにより改ざんされたと発表した。

同社ウェブサイトの脆弱性に対してSQLインジェクション攻撃が行われ、2008年5月8日8時ごろにウェブサイトの一部が改ざんされたもの。「www.fujisan.co.jp」のほか、「askul.fujisan.co.jp」「shop.fujisan.co.jp」などでも被害が発生し、同社では同日11時時過ぎにウェブサイトを一時閉鎖した。

改ざんされたページは、不正なスクリプトが埋め込まれており、問題の期間にページを閲覧した場合、悪意あるウェブサイトへ誘導され、トロイの木馬「TROJ_ARTIEF.H」に感染するおそれがあった。今回の不正アクセスによる個人情報の漏洩は、確認されていないという。

同社では、改ざんされたページを閲覧した可能性がある利用者に対して、最新の定義ファイルを適用したウイルス対策ソフトにより、ウイルスのスキャンや駆除を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性