Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新モジュールを追加した「SafeGuard Enterprise」最新版 - ウティマコ

ウティマコ セーフウェアは、セキュリティポリシーの集中管理やデータの暗号化、認証、監査などを実現するデータセキュリティ製品の最新版「SafeGuard Enterprise 5.21」を発売した。

同製品は、ネットワーク上のPCについてセキュリティポリシーを管理するセキュリティソリューション。複数のモジュールで構成されるソリューションのため、企業のニーズに合わせた柔軟な導入できる。

従来より提供されているセキュリティポリシー管理モジュール「SafeGuard Management Center」やデータを暗号化する「SafeGuard Device Encryption」にくわえ、最新版では、リムーバブルメディアを暗号化して安全なデータの持ち運びを実現するモジュール「SafeGuard Data Exchang」が追加された。

新モジュールの「SafeGuard Data Exchang」は、発売日から6カ月の間に「SafeGuard Management Center」および「SafeGuard Device Encryption」を購入すると無償で提供される。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社