Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゆうちょ銀行のフィッシング詐欺サイトが発生

ゆうちょ銀行は、同行を装ったフィッシング詐欺が発生しているとして注意を呼びかけている。

今回確認されているのは、同行を装い、「重要なお知らせ」としてフィッシングメールを送りつけ、同行のネットサービスである「ゆうちょダイレクト」を偽装したサイトへアクセスを促す手口。問題のサイトでは、顧客番号やログインパスワード、インターネット用暗証番号の入力を求めてくるという。

同行では、メールで顧客番号、ログインパスワード、暗証番号の入力を同時に求めるケースや入力ページのURLを送付することはなく、また「ゆうちょダイレクト」のログイン画面に、インターネット用暗証番号を入力する欄はないと説明している。

問題のフィッシング詐欺サイトはすでに削除されているが、同行では、同様のメールを受信した場合も、情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「すかいらーく」のなりすまし - 宅配の注文準備中と焦らせる手口
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意