Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3年間更新料いらずで3台まで利用できる「ウイルスキラー 2008」が登場

イーフロンティアは、統合セキュリティソフト「ウイルスキラー インターネットセキュリティ 2008」を3月28日より発売する。

同製品は、最大3台にインストール可能で、3年間更新料が無料で利用できるコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。ウイルスやスパイウェア対策のほか、不正アクセスやフィッシング詐欺などにも対応している。

亜種や未知のウイルスにも対応する「推論検知」「推論駆除機能」を搭載。またリアルタイム監視によりファイルへの感染やメモリの改ざんなどを防ぐほか、IEとの連携で悪意あるスクリプトの実行を防止する。

今回よりサポート期間が3年間に延長されており、期間中は更新料が必要なく、アップデートやバージョンアップが無料で受けられる。価格は2980円。

(Security NEXT - 2008/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
顧客情報含むMOディスクが所在不明 - りそな銀
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 更新を
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
SAP、定例パッチをリリース - CVSS最高値の脆弱性を修正