Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3年間更新料いらずで3台まで利用できる「ウイルスキラー 2008」が登場

イーフロンティアは、統合セキュリティソフト「ウイルスキラー インターネットセキュリティ 2008」を3月28日より発売する。

同製品は、最大3台にインストール可能で、3年間更新料が無料で利用できるコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。ウイルスやスパイウェア対策のほか、不正アクセスやフィッシング詐欺などにも対応している。

亜種や未知のウイルスにも対応する「推論検知」「推論駆除機能」を搭載。またリアルタイム監視によりファイルへの感染やメモリの改ざんなどを防ぐほか、IEとの連携で悪意あるスクリプトの実行を防止する。

今回よりサポート期間が3年間に延長されており、期間中は更新料が必要なく、アップデートやバージョンアップが無料で受けられる。価格は2980円。

(Security NEXT - 2008/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

macOSにアップデート、ゼロデイ脆弱性を解消
Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
コピー機で顧客情報混ざり、外部に配布 - ニチイ学館
新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露