Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LiveCDで小規模拠点に対応する検疫ソリューション - 日本HP

日本ヒューレット・パッカードは、認証、検疫ソリューションの最新版「HP Quarantine System Version 3.0」の販売を開始した。

同製品は、クライアントPCがネットワークに接続される際に、あらかじめ設定されたセキュリティポリシーと照合しながら自動で認証や検疫を行い、不正接続を防止することでネットワークを保護する検疫ソリューション。

最新版では、新バージョンの検疫コントローラを採用。OSなどを含んだCD-ROMからPCを起動するだけで制御ポイントとして利用できる。そのため各拠点にサーバを配置する必要がなく、制御ポイントを配置しやすくなった。

また、DHCP中継機能があらたに追加。DHCPを利用したネットワークの検疫システムを構築する場合も、新規に検疫用のDHCPサーバを導入する必要なく、既存の環境を活用することができる。

さらに英語版のユーザインターフェイスが追加されたほか、サーバOSとしてRed Hat Enterprise Linuxにくわえ、SUSE Linux Enterpriseにも対応した。

(Security NEXT - 2008/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」