Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証の先物売買システムが復旧 - 不具合の原因は「レアケース」

東京証券取引所において、派生商品の売買システムに不具合が発生し、一部取引が停止していたが、同取引所では問題を解消し、12日より取引を再開した。

「TOPIX先物取引20年3月限」の終値表示が8日前場終了間際に正常に行えなくなり、終日システムを停止したもの。東証によると、システム上のメモリが初期化されず、残存データにより不正な値が生じたのが原因で、特定のレアケースにおいてこうした不具合が生じる可能性があったという。

障害が発生した翌日の2月9日に原因が判明し、東証では修正を行った上で取引参加者を交えてテストを実施。問題がないことを確認したことから、12日より通常通り取引を再開している。

東京証券取引所
http://www.tse.or.jp/

(Security NEXT - 2008/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに