Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校教諭が児童101人分の情報を含むUSBメモリを紛失 - 横浜

横浜市立大口台小学校の教諭が、1月26日に児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したことがわかった。

紛失したUSBメモリには、同教諭が現在担任しているクラスや、2005年や2006年当時の担任クラスなど、学級名簿101人分が保存されていたという。児童や保護者、在籍する兄弟や姉妹の氏名のほか、住所、電話番号、緊急連絡先などが含まれる。

教諭は、26日に教育委員会のイベントへ参加。その際に持参していたことを確認しているが、帰宅後に紛失に気が付いたという。翌日以降捜索したが発見できなかったため、同校の校長が28日に教育委員会へ報告した。同教諭や校長は、関連する家庭を訪問し、謝罪している。

(Security NEXT - 2008/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら