Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校教諭が児童101人分の情報を含むUSBメモリを紛失 - 横浜

横浜市立大口台小学校の教諭が、1月26日に児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したことがわかった。

紛失したUSBメモリには、同教諭が現在担任しているクラスや、2005年や2006年当時の担任クラスなど、学級名簿101人分が保存されていたという。児童や保護者、在籍する兄弟や姉妹の氏名のほか、住所、電話番号、緊急連絡先などが含まれる。

教諭は、26日に教育委員会のイベントへ参加。その際に持参していたことを確認しているが、帰宅後に紛失に気が付いたという。翌日以降捜索したが発見できなかったため、同校の校長が28日に教育委員会へ報告した。同教諭や校長は、関連する家庭を訪問し、謝罪している。

(Security NEXT - 2008/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも