Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール情報共有アソシエーションを設立 - 日本データ通信協会

日本データ通信協会は、迷惑メール情報共有のためのアソシエーションを設立すると発表した。迷惑メール受信者からの情報提供窓口を設けるとともに、参加事業者間での情報共有を目指す。

同協会では2007年5月から、迷惑メール対策として、一般ユーザーから情報提供された違反メールに記載されたURL情報を、事業者へ提供してきたが、ヘッダには受信者のメールアドレスなど個人情報が含まれるため、事業者へメール情報そのものを情報提供すると第三者への提供となり、事前同意が必要となるなど情報共有が不十分だった。

今回、アソシエーションを設立し、専用の窓口を設置。事業者へ提供することに事前同意を得てから迷惑メール情報を受け付ける。送付された情報は参加事業者間で共有され、迷惑メール判定精度の向上に利用される。

(Security NEXT - 2008/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生