Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋葉原の路上で海賊版ソフトを販売 - 中国籍の男女5人を現行犯逮捕

警視庁は、秋葉原電気街の路上でチラシを配布して顧客を集め、海賊版ソフトを販売していた中国籍の男女5人を、著作権法違反の疑いで現行犯逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は1月20日、アドビシステムズの「Adobe Acrobat 7.0 Professional 日本語版」を無断で複製した海賊版を販売目的で所持。またほかの4人は、ジャストシステムの「JUST Suite 2007」の海賊版を販売目的で所持していた。

グループは、約100種類の海賊版リストを記載したチラシを路上で配布、1枚あたり5000円から1万8000円で販売していた。チラシ配布役の女性が注文を受けると、喫茶店でソフトを保管して待機している男性に連絡を取り、運搬役の男性に運ばせるという方法で海賊版を販売していた。

警察の調べによると、グループは2007年春ごろから海賊版販売を始めており、秋葉原の路上販売を指摘する多くの情報が寄せられていたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー