Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムを利用して海賊版を販売した男性を逮捕 - 逮捕者の販売履歴で発覚

北海道警と厚別署は、スパムメールを不特定多数に送信して顧客を集め、海賊版ソフトを販売していた大阪市の無職男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は2007年11月18日ごろから12月22日ごろにかけて前後2回にわたり、ジャストシステムの「JUST Suite 2007」を無断で複製した海賊版を販売していた。
6月や10月に逮捕者が出た一連の著作権法違反事件で、海賊版の販売ルートを調べたところ、今回の犯罪が発覚したという。

男性はオークションサイトや自サイトなどを利用せず、海賊版のリストを掲載したスパムを不特定多数に送る方法で顧客を集めていた。一定の利益を上げていることから、警察ではメール送付先リストが存在すると判断し、その入手先なども調べている。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性