Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

倉庫保存の申込書1万2000件を誤廃棄 - 福岡の消費者金融事業者

西日本で消費者金融事業を展開するしんわは、2006年8月にカード申込書の誤廃棄が発生していたことを明らかにした。

誤廃棄したのは、2000年4月1日から2001年3月31日までの申込書1万2393枚。氏名や住所、生年月日、暗証番号、カード番号、会員番号などが記載されている。2007月11月に顧客から申込書の開示請求を受けた際、紛失に気が付いた。

同社によれば、倉庫に保存していたところ誤って廃棄したもので、二次被害なども発生していないという。また申込書の内容はデータ化して保存されているため、影響はないとしている。

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性