Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyによる個人情報流出で県職員を懲戒処分 - 山口県

山口県は、同県職員が自宅のパソコンでファイル交換ソフトを利用し、持ち帰っていた個人情報を外部に流出させた問題で、懲戒処分を行った。

同県防府土木建築事務所の業務関連資料が、職員の私用パソコンにインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ2007年11月末ごろに流出したもの。同県は、今回の事件に関わった農林水産部農林水産政策課の職員に対して減給10分の1、4カ月とする懲戒処分を行った。

同流出事件は、掲示板「2ちゃんねる」へ流出に関する書き込みが行われ、今月に入って判明。流出した資料には、建物移転補償調書や用地台帳、補償台帳など73人分の個人情報が含まれていた。

(Security NEXT - 2007/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック