Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報の紛失やファックス誤送信を公表 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、顧客情報が記載された書類の紛失やファックスの誤送信など、個人情報の取り扱いに関する事故2件を公表した。

紛失が判明したのは、顧客1人分の審査書類で、氏名、住所、電話番号、職業、年収のほか、借入対象物件情報、借入条件などが記載されていた。事務所内で保管されており、外部に持ち出した形跡もないことから、誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。

また11月19日に取引先担当者1人の名字や部署名が記載された書類のファックスによる誤送信が発生。テスト送信した際、誤った番号を入力したため第三者へ送信されたという。同機構では、いずれも事故についても顧客に対し説明と謝罪を行うという。

(Security NEXT - 2007/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ