Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非常勤医師が患者情報含むPCを紛失 - 多摩北部医療センター

東京都保健医療公社は、多摩北部医療センターの非常勤医師が、患者約170人の個人情報や病状などが記録された私有パソコンを紛失したと発表した。

紛失したパソコンには、同医師が診療時に参照する目的で個人的に保有していた患者約170人の個人情報が記録されていた。氏名やID、生年月日、病名、初診日、最終受診日、診察時の状況変化に関する記録などが含まれる。

11月28日に乗り換えのためJR総武線を下車した際、網棚に鞄ごと置き忘れたもので、同センターでは、関連する患者に対し説明と謝罪を実施した。公社病院職員に対して個人情報保護に関する規程の周知徹底を図るという。

また同センターの臨床研修協力病院である国立精神・神経センター武蔵病院においても、個人情報を同様に紛失しており、事故を公表している。

(Security NEXT - 2007/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング