Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日中韓の著作権保護団体、ソフトウェア管理に関する覚書を締結

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、中国および韓国の著作権保護団体と、ソフトウェア管理に関する相互協力についての覚書を締結した。

今回、中国の著作権保護団体「中国軟件連盟」と韓国の著作権保護団体「韓国ソフトウェア著作権協会」、との間でソフトウェア管理に関する覚書が締結したもので、ソフトウェア管理の普及に関する施策や問題意識の共有など国際的な啓発活動に力を入れる。

覚書では、日中韓の3国間で、ソフトウェア管理に関する「一般的な協力」「公共方針」「情報の共有」「人事交流」「その他」の5項目について、相互に協力するとしており、今後は、啓発に向けた広報活動を3団体で実施するなど、協力体制を構築する。

企業活動の国際化が活発になっており、3団体はこれまで、自国においてビジネスソフトウェアの管理に関する活動を行っており、2年前から個別に情報交換などを進めていた。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害