Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府ボット対策プロジェクトにKasperskyやアンラボが参加

政府が推進するボット対策プロジェクトへKaspersky Labs Japanやアンラボがあらたに参加した。

同プロジェクトは、総務省と経済産業省が共同で進めているもので、ISPやセキュリティベンダーなども参加し、官民あげて広がるボット被害対策へ力を入れている。同プロジェクトのポータルサイト「サイバークリーンセンター」では、啓発活動のほか、ボット対策ツールの提供なども行っている。

両社は、同プロジェクトから提供されたボット検体を対策ソフトのパターンファイルへ反映させることで、ボット感染の予防を推進する「感染予防対策ベンダ」として参加するもの。今回2社が加わったことで、感染予防対策ベンダは合計7社となった。

(Security NEXT - 2007/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開