Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国産人気ブラウザ「Sleipnir」などに脆弱性 - アップデートがリリース

人気国産ブラウザ「Sleipnir」「Grani」に脆弱性が見つかったとして、開発元であるフェンリルは、アップデートを呼びかけている。

脆弱性が見つかったのは、「Sleipnir 2.5.17 Release2」や「Portable Sleipnir 2.5.17 Release2」「Grani 3.0」。いずれも、以前に提供されたバージョンにも同様の脆弱性が含まれる。お気に入り検索機能に問題があり、任意のスクリプトが実行されるおそれがあるという。

同社は、脆弱性を解消した「Sleipnir 2.6.0」「Grani 3.1」を公開しており、最新版へのアップデートを呼びかけている。

フェンリル
http://www.fenrir.co.jp/

(Security NEXT - 2007/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開