Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロとBBソフトが協業 - ウイルス対策製品をソフトバンクブランドで販売

トレンドマイクロとソフトバンクグループ会社のBBソフトサービスは、セキュリティソフトの販売において協業すると発表した。トレンドマイクロが開発元となり、BBソフトサービスが展開する新ブランドで、セキュリティ製品を提供する。

BBソフトサービスでは、11月30日より生活アクセサリー商品の新ブランド「SoftBank SELECTION」を展開する予定で、今回の協業により、トレンドマイクロが開発したセキュリティ製品を「Trend アンチウイルススパイウェア」として、BBソフトサービスが販売、サポートを行う。

同製品は、ウイルスバスター2008をベースとしており、ウイルス対策とスパイウェア対策に特化したもので、同様のユーザーインターフェースを搭載している。

トレンドマイクロでは、今回の協業でセキュリティ対策に消極的なユーザーに対し、セキュリティソフトの認知や関心の向上を目指し、市場シェア拡大を目指す。

(Security NEXT - 2007/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開