Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通信機器レンタルサービスに必要なセキュリティ機能のみ導入できる新メニュー - スターティア

スターティアは、同社のネットワーク機器レンタルサービス「Digit@linkマネージドゲートウェイ」に、必要なセキュリティ機能のみ導入できる新メニューを追加した。

同サービスは、ネットワーク機器のレンタルサービス。従来は、アンチウイルス、アンチスパム、ウェブフィルタリングなど複数のセキュリティ機能を統合したUTMオプションを提供していたが、今回の新メニュー追加により、必要なセキュリティ機能を個別に選択して導入することが可能になった。

年間更新料はアンチウイルスが7万1400円、アンチスパムおよびウェブフィルタリングが6万3000円。別途初期費用や機器のレンタル料金が必要。

(Security NEXT - 2007/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性