Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、10月のセキュリティ更新プログラムを公開 - ゼロデイ攻撃にも対応

マイクロソフトは、10月のセキュリティ更新プログラムを公開した。当初7件の公開を予定していたが、そのうち1件には問題が見つかったことから、深刻度が「緊急」とされるプログラムが4件、「重要」が2件のあわせて6件を提供する。

今回の更新プログラムでは、「Microsoft Word」の文字列処理などの問題や、アドレスバーの偽装など「Internet Explorer」に関する4件の脆弱性に対応。いずれもリモートでコードが実行されるなど深刻度は「緊急」となっている。

「Microsoft Word」の脆弱性については、非公開で同社が報告を受けた脆弱性だったが、すでにゼロデイ攻撃を確認しているという。一方IEについては、ゼロデイ攻撃は確認されていないが、すでに一部で脆弱性が公開されており、早急な対応が必要。

また「Kodak Image Viewer(Wang Image viewer)」における画像処理の問題や、不正なNNTPレスポンスの処理を行う際に正しく処理が行われない「Outlook Express」や「Windowsメール」の脆弱性など、同社ではいずれも深刻度を「緊急」とした。

さらに認証時の通信エラーで「リモートプロシージャコール」でサービス拒否が起こる問題や「Microsoft Windows SharePoint Services 3.0」「Microsoft Office SharePoint Server 2007」で特権の昇格やスクリプトの実行による情報漏洩といった脆弱性など、深刻度が「重要」とされる2件にも対応した。

2007年10月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-oct.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
個人情報含む会員カード申込書を紛失 - ジョイフーズ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」