Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDDの故障を予測して自動でバックアップするソフト - インターコム

インターコムは、ハードディスクの劣化状況を定期的に監視して、故障が間近に迫ると自動でデータをバックアップするソフト「SmartHDD PCcare」を、9月7日より発売する。

同ソフトは、ハードディスクの状態を定期的にチェックして具体的な故障日を予測し、故障前に自動でデータバックアップを実行するバックアップツール。障害状況を引き起こす限度値と比較して故障の発生を予測し、具体的な故障年月日で表示したり、劣化の推移をグラフ表示する。

また、ハードディスクの故障状況が進行するごとに自動でバックアップを行う技術「スマートバックアップ方式」を採用した。価格は、最大で3台のパソコンにインストールできる通常版が7140円。1台のみのダウンロード版が4725円となっている。なお、ASP型サービスでの提供も準備している。

(Security NEXT - 2007/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正
「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
WordPress向けクイズプラグインに3件の脆弱性
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社