Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防関係者992人分の個人情報などWinny経由で流出 - 尾道市

広島県尾道市の職員が使用するパソコンからインターネット上へ個人情報が流出したことがわかった。

7月19日に同市が総務省から指摘を受けて判明したもので、同市消防局職員の私有パソコンから消防関係行事の参加者名簿など個人情報992人分が流出した。

同職員は、2003年当時に職場へ私有パソコンを持ち込んで作業を行っており、その後パソコンを持ち帰ったが、データの削除が行われていなかったという。職員は6月にデータを削除したが、家族がインストールして利用していたファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出していたという。

同市では関係者に対して謝罪し、再発防止のため業務に利用された私有パソコンについて再度点検などを実施するという。

尾道市
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便