Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防関係者992人分の個人情報などWinny経由で流出 - 尾道市

広島県尾道市の職員が使用するパソコンからインターネット上へ個人情報が流出したことがわかった。

7月19日に同市が総務省から指摘を受けて判明したもので、同市消防局職員の私有パソコンから消防関係行事の参加者名簿など個人情報992人分が流出した。

同職員は、2003年当時に職場へ私有パソコンを持ち込んで作業を行っており、その後パソコンを持ち帰ったが、データの削除が行われていなかったという。職員は6月にデータを削除したが、家族がインストールして利用していたファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出していたという。

同市では関係者に対して謝罪し、再発防止のため業務に利用された私有パソコンについて再度点検などを実施するという。

尾道市
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応