Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

16種のフィルタリング技術を搭載したスパム対策ソフト - HDE

ホライズン・デジタル・エンタープライズは、16種のフィルタリング技術により処理能力を高めたスパム対策ソフト「HDE Anti-Spam 2 for Gateway」を、8月29日より発売する。

同製品は、企業向けスパムメール対策ソリューションの最新版。メールサーバへの接続時にメールの正当性を判断してブロックする技術を採用。また従来製品では6種類のフィルタリング方式を採用していたが、今回発売の最新版では、「DKIM」「greylisting」「RCPT TO検証」など、あらたに10種類のフィルタリング方式が追加された。

またレポート機能が強化され、PDF形式での出力にも対応した。さらに今回、小規模企業向けの50ユーザー版や、製品のインストールや設置を代行する「HDEインストールパック」も提供される。価格は50ユーザー版で21万円から。また1000ユーザー以上利用の場合、通常価格の半額で提供するキャンペーンを、2008年3月末まで実施する。

(Security NEXT - 2007/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を