Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員企業の融資関連資料をFAX誤送信 - 東京商工会議所

東京商工会議所は、荒川支部において、会員へセミナーの案内をファックス送信した際、誤って会員企業1社の融資関連資料を一緒に送信したと発表した。

会員に対しセミナーの案内をファックスで同報送信した際、会員企業1社の融資関連資料の一部を誤って紛れ込ませてしまい、そのまま送信したもの。

今後は再発防止に向けて、原稿確認作業を行わないと送信ができないシステムを導入するなど、対策を講じるとという。

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト