Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員企業の融資関連資料をFAX誤送信 - 東京商工会議所

東京商工会議所は、荒川支部において、会員へセミナーの案内をファックス送信した際、誤って会員企業1社の融資関連資料を一緒に送信したと発表した。

会員に対しセミナーの案内をファックスで同報送信した際、会員企業1社の融資関連資料の一部を誤って紛れ込ませてしまい、そのまま送信したもの。

今後は再発防止に向けて、原稿確認作業を行わないと送信ができないシステムを導入するなど、対策を講じるとという。

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県