Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月の更新プログラム6件を公開 - 深刻度「緊急」は3件

マイクロソフトは、7月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。深刻度「緊急」が3件、「重要」が2件、「警告」が1件の計6件となっている。

深刻度「緊急」とされているのは、Excelに関する脆弱性をはじめ、Windows Server 2003およびWindows 2000 ServerのActive Directoryに関する脆弱性や、.NET Frameworkに関する脆弱性。いずれも、悪用されるとリモートでコードが実行されるおそれがある。

Excelの脆弱性は、悪意を持って改変されたファイルを開くと外部よりコードが実行されるもので、公開された1件の脆弱性だけでなく、非公開で報告された2件の脆弱性についても解決した。

「重要」とされているのはPublisher 2007に関する脆弱性で、不正に作成されたファイルを表示すると、リモートでコードが実行されるおそれがある。またWindows XPのインターネットインフォメーションサービスに関する脆弱性も同じく「重要」とされており、悪意を持って作成されたウェブページのURLリクエストを送信すると、リモートでコードが実行されるおそれがある。

今回、「警告」としてWindows Vistaのファイアウォールに関する脆弱性に対応する更新プログラムも公開されている。未承諾の受信ネットワークトラフィックが、ネットワークインターフェイスにアクセスできる可能性があり、ホストに関する情報が盗まれるおそれがあるという。

2007年7月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jul.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便