Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月の更新プログラム6件を公開 - 深刻度「緊急」は3件

マイクロソフトは、7月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。深刻度「緊急」が3件、「重要」が2件、「警告」が1件の計6件となっている。

深刻度「緊急」とされているのは、Excelに関する脆弱性をはじめ、Windows Server 2003およびWindows 2000 ServerのActive Directoryに関する脆弱性や、.NET Frameworkに関する脆弱性。いずれも、悪用されるとリモートでコードが実行されるおそれがある。

Excelの脆弱性は、悪意を持って改変されたファイルを開くと外部よりコードが実行されるもので、公開された1件の脆弱性だけでなく、非公開で報告された2件の脆弱性についても解決した。

「重要」とされているのはPublisher 2007に関する脆弱性で、不正に作成されたファイルを表示すると、リモートでコードが実行されるおそれがある。またWindows XPのインターネットインフォメーションサービスに関する脆弱性も同じく「重要」とされており、悪意を持って作成されたウェブページのURLリクエストを送信すると、リモートでコードが実行されるおそれがある。

今回、「警告」としてWindows Vistaのファイアウォールに関する脆弱性に対応する更新プログラムも公開されている。未承諾の受信ネットワークトラフィックが、ネットワークインターフェイスにアクセスできる可能性があり、ホストに関する情報が盗まれるおそれがあるという。

2007年7月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jul.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト