Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正な大量パケットへの対応ガイドラインを策定 - 電気通信事業関連4団体

日本インターネットプロバイダー協会、電気通信事業者協会、テレコムサービス協会、日本ケーブルテレビ連盟の4団体は、不正な大量パケットなどへ適法に対応するための自主的なガイドラインを策定した。

不正なパケットが大量に発生した場合、電気通信サービスへの影響が懸念される一方、通信の秘密の保護が電気通信事業法で定めらており、適法な運用が求められることから、プロバイダをはじめとする電気通信事業者が利用できる参考資料として「電気通信事業者における大量通信等への対処と通信の秘密に関するガイドライン」を策定したもの。

ガイドラインでは、DoS攻撃やウイルス感染により大量のパケットが発生し、通信に支障が生じる場合や送信元を詐称した通信などへの対処する際の考え方をまとめており、通信の秘密の侵害にあたるか、また侵害する場合についても、違法性が阻却されるケースにあたるかなど、事例など用意した。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも