Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正な大量パケットへの対応ガイドラインを策定 - 電気通信事業関連4団体

日本インターネットプロバイダー協会、電気通信事業者協会、テレコムサービス協会、日本ケーブルテレビ連盟の4団体は、不正な大量パケットなどへ適法に対応するための自主的なガイドラインを策定した。

不正なパケットが大量に発生した場合、電気通信サービスへの影響が懸念される一方、通信の秘密の保護が電気通信事業法で定めらており、適法な運用が求められることから、プロバイダをはじめとする電気通信事業者が利用できる参考資料として「電気通信事業者における大量通信等への対処と通信の秘密に関するガイドライン」を策定したもの。

ガイドラインでは、DoS攻撃やウイルス感染により大量のパケットが発生し、通信に支障が生じる場合や送信元を詐称した通信などへの対処する際の考え方をまとめており、通信の秘密の侵害にあたるか、また侵害する場合についても、違法性が阻却されるケースにあたるかなど、事例など用意した。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート