Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットジャパン、サーバ冗長化ツール「Marathon everRun FT」を取扱開始

ネットジャパンは、米Marathon Technologiesのサーバ障害対策用ツール「Marathon everRun FT」「同HA」の取り扱いを開始し、5月25日より出荷する。

「同FT」は、サーバの二重化により障害時でも連続稼動を実現できる対障害用ツール。同一仕様の標準IAサーバ2台を用意し、ソフトウェアで同期をはかることで、フォールトトレランス構成を実現する。

一方、同HAは、アプリケーションに制限されずにクラスタシステムを構築できるソフトウェア。複雑な設計や管理が不要。同FTと同様のフォールトトレラント技術を採用している。

(Security NEXT - 2007/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ