Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットジャパン、サーバ冗長化ツール「Marathon everRun FT」を取扱開始

ネットジャパンは、米Marathon Technologiesのサーバ障害対策用ツール「Marathon everRun FT」「同HA」の取り扱いを開始し、5月25日より出荷する。

「同FT」は、サーバの二重化により障害時でも連続稼動を実現できる対障害用ツール。同一仕様の標準IAサーバ2台を用意し、ソフトウェアで同期をはかることで、フォールトトレランス構成を実現する。

一方、同HAは、アプリケーションに制限されずにクラスタシステムを構築できるソフトウェア。複雑な設計や管理が不要。同FTと同様のフォールトトレラント技術を採用している。

(Security NEXT - 2007/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市