Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小田急トラベル、海外旅行申込書658名分を誤って裁断処分

小田急トラベルは、顧客658名分の海外旅行申込書を誤って廃棄したと発表した。

同社によれば、4月18日に同社本厚木旅行センターが取り扱った海外旅行申込書の一部がなくなっていることに気が付いたという。書類には、顧客658名分の氏名、住所、電話番号、生年月日、旅券番号、旅行中の連絡先などが記載されていたことから、同社では顧客に対して紛失を報告、紛失原因の調査を進めていた。

その後、従業員が誤って裁断処分したことを確認できたという。同社では今回の事故を受け、申込書など、個人情報の取扱いについて再度徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2007/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も