Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティへの投資は引き続き増加傾向 - IDC調査

情報セキュリティに対する投資は、増加傾向にあることがIDCの調査により判明した。

同社では、2007年1月に官公庁や国内企業720社を対象として調査を実施。その結果、投資が「増加している」と回答した企業は全体の21.3%にのぼり、一方「減少している」との回答は8.6%で、全体的にやや増加傾向にあること判明した。2008年に日本版SOX法の施行を控えており、さらに伸びる可能性があると同社では分析している。

また重点的に投資される対象としては、「アクセス管理」が45.0%でトップ。ファイアウォールやIPS(40.7%)、ウイルスやスパムへの対策(36.3%)を上回り、J-SOX法の影響が出ている。同社によると、従来のソフトウェアや機器などに対する投資からポリシーの策定や教育などへ関心が移っているという。

(Security NEXT - 2007/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中