Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社の委託先が4500件の個人情報含むフィルム2本を誤廃棄

日本郵政公社は、広島貯金事務センターで管理するマイクロフィルムの一部を紛失したと発表した。

問題のマイクロフィルムは、同センターが撮影し、2007年3月30日にコダックへ現像を委託していたもので、4月13日に返却されていないことが判明。委託先に確認したところ、誤って廃棄し、清掃業者により焼却されたと報告を受けたという。

紛失したマイクロフィルムは、定額定期貯金や積立貯金、国債などの届け出書などを記録した2本。内容は同一で、それぞれ4500件の個人情報が記載されており、氏名や住所、生年月日のほか、貯金記号や番号、印影が含まれる。

日本郵政公社によれば、フィルムは現像されておらず、暗室以外で取り出すと感光してしまうことや閲覧に専用機器が必要であるとして外部へ漏洩する可能性は低いと結論づけている。

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会