Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社の委託先が4500件の個人情報含むフィルム2本を誤廃棄

日本郵政公社は、広島貯金事務センターで管理するマイクロフィルムの一部を紛失したと発表した。

問題のマイクロフィルムは、同センターが撮影し、2007年3月30日にコダックへ現像を委託していたもので、4月13日に返却されていないことが判明。委託先に確認したところ、誤って廃棄し、清掃業者により焼却されたと報告を受けたという。

紛失したマイクロフィルムは、定額定期貯金や積立貯金、国債などの届け出書などを記録した2本。内容は同一で、それぞれ4500件の個人情報が記載されており、氏名や住所、生年月日のほか、貯金記号や番号、印影が含まれる。

日本郵政公社によれば、フィルムは現像されておらず、暗室以外で取り出すと感光してしまうことや閲覧に専用機器が必要であるとして外部へ漏洩する可能性は低いと結論づけている。

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正