Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社の委託先が4500件の個人情報含むフィルム2本を誤廃棄

日本郵政公社は、広島貯金事務センターで管理するマイクロフィルムの一部を紛失したと発表した。

問題のマイクロフィルムは、同センターが撮影し、2007年3月30日にコダックへ現像を委託していたもので、4月13日に返却されていないことが判明。委託先に確認したところ、誤って廃棄し、清掃業者により焼却されたと報告を受けたという。

紛失したマイクロフィルムは、定額定期貯金や積立貯金、国債などの届け出書などを記録した2本。内容は同一で、それぞれ4500件の個人情報が記載されており、氏名や住所、生年月日のほか、貯金記号や番号、印影が含まれる。

日本郵政公社によれば、フィルムは現像されておらず、暗室以外で取り出すと感光してしまうことや閲覧に専用機器が必要であるとして外部へ漏洩する可能性は低いと結論づけている。

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性