Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井生命の顧客情報86件が流出 - 流出原因は調査中

三井生命は、個人情報を含むグループ生命保険の加入者リストが流出していることが判明したと発表した。

流出がわかったのは、同社が受託する千葉県保険医協会共済制度におけるグループ生命保険の加入者情報86件。氏名、年齢、加入番号、保険金額のほか、勤め先である病院の住所や電話番号などが含まれる。

2月13日に流出が判明し、警察へ被害を届けたという。同社では流出原因や経路について調査を進めている。また関連する顧客へ事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社