Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受託した顧客情報や委託スタッフの個人情報がWinny流出 - クリーク・アンド・リバー社

クリーク・アンド・リバー社は、顧客情報や委託スタッフの個人情報などがWinnyを通じて流出したと発表した。

ウェブ制作業務を請け負った際の受託個人情報が流出したもの。当時、業務を担当した同社委託スタッフの私有パソコンにデータが消去されずにそのまま保存され、ウイルス感染のためにインストールされていたWinny経由で流出した。

流出した情報は、ウェブ上に掲載したコンテンツの取材メモや関連書類で、氏名や年齢、会社名、出身学校、年収など3113名分。同社が委託するスタッフの氏名や会社名、住所、電話番号、メールアドレスなど104名分も漏洩したという。

同社では該当する顧客へ個別に謝罪しているという。ファイル交換ソフトの制限や、不要になった個人情報の廃棄、従業員教育など再発防止策に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント