Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受託した顧客情報や委託スタッフの個人情報がWinny流出 - クリーク・アンド・リバー社

クリーク・アンド・リバー社は、顧客情報や委託スタッフの個人情報などがWinnyを通じて流出したと発表した。

ウェブ制作業務を請け負った際の受託個人情報が流出したもの。当時、業務を担当した同社委託スタッフの私有パソコンにデータが消去されずにそのまま保存され、ウイルス感染のためにインストールされていたWinny経由で流出した。

流出した情報は、ウェブ上に掲載したコンテンツの取材メモや関連書類で、氏名や年齢、会社名、出身学校、年収など3113名分。同社が委託するスタッフの氏名や会社名、住所、電話番号、メールアドレスなど104名分も漏洩したという。

同社では該当する顧客へ個別に謝罪しているという。ファイル交換ソフトの制限や、不要になった個人情報の廃棄、従業員教育など再発防止策に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み