Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証サーバへアクセスするとブラウザの色が変わるサーバ証明書 - 米VeriSign

米VeriSignは、米国にてExtended Validation SSLサーバ証明書の発行を開始した。

同証明書は、Internet Explorer 7とWindows Vistaに対応したサーバ証明書。対応ブラウザで同証明書を導入したウェブサイトを訪問すると、ブラウザのアドレスバーが緑色に変わり、認証済みサイトであることが確認できるほか、企業名や認証ベンダー名が表示される。

すでに同社では、小売業大手である米Overstock.comに対して発行したという。日本国内では、2007年第2四半期をめどに提供される予定。

(Security NEXT - 2006/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県